たけしのブログ_新岡健志です!

マスコミの報道するバイアスのかかった無益な情報ではなく
知っておくべき本質を探究してまいります!
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 北核実験の証明が、3.11、人工地震の証明に! | main | テキサスで肥料工場が大爆発 USA ロシアTV >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | ↑PAGE TOP
    立正安国論
    0

      「主人咲み止めて曰く、辛きを蓼葉に習ひ 臭きを溷厠に忘る善言を聞いて悪言と思ひ謗者を指して聖人と謂ひ正師を疑って悪侶に擬す其の迷ひ誠に深く、其の罪浅からず。事の起こりを聞かんとならば、委しく其の趣を談ぜん。釈尊説法の内、一代五時の間先後を立てゝ権実を弁ず。而るに曇鸞・道綽・善導既に権に就いて実を忘れ、先に依って後を捨つ。未だ仏教の淵底を探らざる者なり。就中 法然其の流れを酌むと雖も其の源を知らず。所以は何。大乗経六百三十七部・二千八百八十三巻、並びに一切の諸仏菩薩及び諸の世天等を以て、捨閉閣抛の字を置いて一切衆生の心を薄す。是偏に私曲の詞を展べて全く仏経の説を見ず妄語の至り、悪口の科、言ひても此無く、責めても余り有り。人皆其の妄語を信じ、悉く彼の選択を貴ぶ。故に浄土の三経を崇めて衆教を抛ち、極楽の一仏を仰いで諸仏を忘る。誠に是諸仏諸経の怨敵、聖僧衆人の讎敵なり此の邪教広く八荒に弘まり周く十方に遍す。」(御書242頁)



      これは、日蓮大聖人の『立正安国論』の一節だが、当時鎌倉時代に日本国中に広く蔓延っていた、法然の念仏『選択集』の邪義を破折されたところだ。
      現時、平成の世になって、日本国に広く蔓延る創価池田教の邪教に当てはめこの御文を読んでみた。



      辛きを蓼葉に習ひ 臭きを溷厠に忘る
      ・・・ずっと悪に染まっていると、悪であることがいつの間にか判らなくなって、それに慣れてしまうこと・・・(池田創価教の信者)

      善言を聞いて悪言と思ひ
      ・・・(池田創価教の信者たちは、)邪法の洗脳が長く、ずっと悪に染まってしまっているため、邪を邪と思わない、正しいことが正しいと判らない。だから、いくら善いことを聞いても、かえって悪口に思ってしまう・・・


      謗者を指して聖人と謂ひ
      ・・・いつの間にか誑かされてしまって、(池田創価教の信者たちは)大謗法者(池田大作)を聖人君子だと思い込んでいる・・・


      正師を疑って悪侶に擬す
      ・・・正法正師を疑って悪侶と思い込み、大謗法者(池田大作)を正しいと思ってしまう・・・


      其の迷ひ誠に深く、其の罪浅からず
      ・・・邪義の中にずっと入っていると、人間の感覚が狂ってきて、正しいものを正しいと見ることが出来なくなってしまう。その迷い、その罪は誠に深い・・・


      是偏に私曲の詞を展べて全く仏経の説を見ず
      ・・・(池田創価教は)邪見・我見の間違った考えであり、全く仏説をゆがめてしまっている・・・


      妄語の至り、悪口の科、言ひても此無く、責めても余り有り
      ・・・大謗法者(池田大作)の言葉はうそ、いつわりの言葉がはなはだしくて、その悪口の罪科は、どれほど言っても、他に比類がないほど、ひどいものである。だから、その科を責めても、責め足りないものである・・・


      誠に是諸仏諸経の怨敵、聖僧衆人の讎敵なり
      ・・・大謗法者(池田大作)こそが、まことに諸仏や諸経の怨敵であり、聖僧や一切衆生の敵である・・・


      此の邪教広く八荒に弘まり周く十方に遍す
      ・・・池田創価教の邪教は日本国の隅々にまで弘まってしまっている・・・


       
      | カルト撲滅 | 17:05 | comments(1) | - | - | ↑PAGE TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 17:05 | - | - | - | ↑PAGE TOP
        コメント

        宗教は形だけで、仏教教団たる基軸は全くなくなっている、その実、カルト教団に成り果てている創価池田教団は、その本質を曝け出し、日本全国に『ニセ本尊』をばら撒いている。

        『ニセ本尊』はその身に“悪鬼・魔神”が住み着き、知らず信仰する者の功徳を奪い命を奪い去るのみならず、その環境を三毒に冒されたものとしてしまう。

        その影響か、政治は信頼を失い、経済は疲弊し、人心は乱れて凶悪犯罪は後を絶たず、道義は廃れて社会秩序を見失ってきている。

        自公政権は、他国侵逼ともいえるTPPを推し進めようとしており、また、国民の生活を疲弊させる消費税増税を導入しようとし、危険極まりない原発再稼動への舵を切ろうとしている。

        加えて、憲法改正で軍事国家を目指す安倍首相は、国民を悲惨な戦争に導こうとしているのか?!

        権力に擦り寄るだけで、悪との対決姿勢が微塵も感じられない公明党は、その大地が創価池田教である故、しかるべしだ。

        一凶と成り果てた政教一致団体を根絶しない限り、この国の繁栄、幸福、平和は絶対に望めない。

        本質を何も理解することなく、正義と信じてひたすら打ち出されるまま時間と労力を捧げ続ける哀れな学会員の皆さんの、一日も早い洗脳からの覚醒を願って止まない!

        | 河内のターザン | 2013/04/18 12:04 AM |
        コメントする